OpenOffice CalcFormulasハウツー

openoffice.orgが無料で提供しているスプレッドシートプログラムであるOpenOfficeCalcを使用すると、スプレッドシートに入力されたデータに対して計算を実行できます。

OpenOffice Calcの数式を使用して、加算や減算などの基本的な数値計算に加えて、給与天引きや学生のテスト結果の平均化などのより複雑な計算を行うことができます。

さらに、データを変更すると、数式を再入力しなくても、Calcが自動的に回答を再計算します。

次のステップバイステップの例では、OpenOfficeCalcで基本的な数式を作成して使用する方法について説明します。

データの入力

次の例では、基本的な数式を作成します。 この数式を作成するために使用される手順は、より複雑な数式を作成するときに従う手順と同じです。 The formula will add the numbers 3 + 2. The final formula will look like this:数式はXNUMX + XNUMXの数値を追加します。最終的な数式は次のようになります。

= C1 + C2

  1. セルを選択します C1 3と入力し、を押します 入力します.

  2. セルを選択します C2 2と入力し、を押します 入力します.

  3. 次にセルを選択します C3。 ここで、基本的な加算式を入力します。

  4. Open Office Calcで数式を作成するときは、 常に 等号を入力することから始めます。 回答を表示するセルに入力します。

  5. 等号に続いて、データを含むセルのセル参照を追加します。

    数式でデータのセル参照を使用することにより、セル内のデータがあれば、数式は自動的に回答を更新します C1 C2 変更。

    セル参照を追加する最良の方法は、マウスを使用して正しいセルを選択することです。 この方法では、データを含むセルをマウスで選択して、そのセル参照を数式に追加できます。

  6. 基本的な追加については、 + 後に C1.

  7. 次に、XNUMX番目のセルを数式に追加します。 Select the cellセルを選択します C2 toXNUMX番目の番号を追加します。

  8. プレス
    入力します 式を完成させます。 You should see in theあなたはで見るべきです 数式バー ワークシートの上に新しく作成された数式がセル内にあります C3 この式の結果になります。

OpenOfficeCalc式の数学演算子

OpenOfficeCalcで数式を作成することは難しくありません。 データのセル参照を正しい数学演算子と組み合わせるだけです。

Calc式で使用される数学演算子は、数学クラスで使用されるものと似ています。

  • 減算-マイナス記号( - )
  • 加算-プラス記号( + )
  • 除算-スラッシュ( / )
  • 乗算-アスタリスク(* )
  • 指数-for(^ )

OpenOfficeCalcの演算の優先順位

数式で複数の演算子が使用されている場合、これらの数学演算を実行するためにCalcが従う特定の順序があります。 この演算の順序は、方程式に括弧を追加することで変更できます。 An easy way to remember the order of operations is to use the acronym:操作の順序を覚える簡単な方法は、頭字語を使用することです。

BEDMAS

操作の順序は次のとおりです。

  1. Bラケット
  2. Exponents
  3. Division
  4. M究極化
  5. Addition
  6. S抽象化

演算の順序のしくみ

角かっこで囲まれた操作は、最初に実行され、次に指数が実行されます。

その後、Calcは除算または乗算の演算が同等に重要であると見なし、方程式の左から右に発生する順序でこれらの演算を実行します。

The same goes for the next two operations — 次のXNUMXつの演算、つまり加算と減算についても同じことが言えます。 これらは、操作の順序で等しいと見なされます。 加算または減算のいずれかが方程式の最初に現れる方が、最初に実行される演算です。

コメントする