CMBLファイル(概要と開き方)

CMBLファイル拡張子の付いたファイルは、ビデオ、スプレッドシート、およびその他の分析情報を含む可能性のあるLoggerProデータファイルです。

CMBLファイルは通常、科学や数学の実験で収集されたデータを保存するために学生によって使用されます。

CMBLファイルを開く方法

CMBLファイルはXMLベースです。つまり、Windowsのメモ帳やベストフリーテキストエディターリストのプログラムなど、任意のフリーテキストエディターを使用してファイルを表示できます。

一部のWebブラウザは、CMBLファイルをテキストファイルとして開いてブラウザに表示しようとする場合があります。 テキストエディタまたはWebブラウザがCMBLファイルを奇妙な形式または読み取り不可能な形式で表示する場合は、代わりにLogger Proを使用できます(無料のデモが利用可能です)。

iOS、Android、Windows、およびmacOS用の無料のVernier Graphical Analysisアプリも、CMBLファイルを開くことができますが、ファイルに含まれるすべての情報を読み取ることができない場合があります。

PC上のアプリケーションがCMBLファイルを開こうとしているのに、それが間違っているアプリケーションである場合、または別のインストール済みプログラムでCMBLファイルを開く場合は、CMBLファイルを開くデフォルトのプログラムを変更できます。

CMBLファイルを変換する方法

CMBLファイルがLoggerProの外部で読み取れる場合は、テキストエディターまたはMicrosoft Excelで開いて、新しい形式で保存できます。

Excelを使用して、LoggerProを使用せずにCMBLファイルからグラフに情報をプロットすることもできます。 このCMBLをExcelファイルに変換するYouTubeビデオは、それを実行したい場合に役立ちます。

それ以外の場合は、Logger Proの試用版をインストールして、CMBLファイルを開き、別のファイルタイプ、場合によってはLogger Liteドキュメントファイル(.GMBL)に保存/エクスポートできるようにすることをお勧めします。

Logger ProでCMBLをGMBLにエクスポートできない場合は、ファイルを無料のLogger Liteプログラムにインポートして、GMBLファイルとして保存できる可能性があります。

Logger Proの試用版では、PDFプリンターがインストールされている場合、CMBLファイルをPDFファイルに「印刷」することもできます。

CMBLをCSVに変換する場合は、オンラインのcmbl2csvコンバータツールを使用してください。

それでもファイルを開くことができませんか?

上記の提案を試してもファイルが開かない場合は、ファイル拡張子を再確認してください。 一部のファイルはまったく異なる形式であっても同様の拡張子を使用するため、ファイルが実際に.CMBLファイル拡張子で終わることを確認する必要があります。

たとえば、CMLファイルはCMBLファイルのように見えるかもしれませんが、実際には化学マークアップ言語、CrytoMailer暗号化、またはCrazy MachineLabファイルです。 これらの形式はいずれもLoggerPro Dataファイルと同じではありません。つまり、CMBLファイルと同じ方法で開くことはできません。

CBLは、ファイル拡張子がCOBOLソースコードファイルに使用されるもうXNUMXつの例です。 それらはCMBLファイルとは無関係であるため、別のプログラムで開かれます。

コメントする